2007年09月12日

栗ご飯

栗をもらったので栗ご飯を炊きました。
”はつもん”でおいしかったです。

レストラン栗は炊く半日以上前に皮をむいて半分くらいに切り、
砂糖をまぶし、袋に入れて冷凍しておく。
米を洗い、水加減は酒などの調味料の分控え、
塩、酒、みりん、を加えかき混ぜ、冷凍してあった栗を
のせ、炊く。
                    (MS)

DSC02563.JPG

posted by 島の旅社 at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

干物(キス、カマス、ミミタロウ)

えび曳きのうちで「じゃっこ」(小魚)を
もらいました。主には小さいカレイでした
が、干物によい魚も入っていたので
してみました。

お父さんのビールのつまみによさそうです。ビール

どの魚も旨みが凝縮されているって感じで
いくらでも食べられそうです。
                  (MS)

DSC02595.JPG
posted by 島の旅社 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

芋の茎のしょうが酢

昨日に続いて芋の茎です。

さっぱりとして、酢の物が好きな人なら
喜ばれる一品でしょう。

レストラン芋の茎は皮をむき、3〜4センチ長さに
折りながら、水に放す。
ボウルに砂糖、米酢、しょうがのすりおろしを
混ぜ合わせる。芋の茎の水を切り、合わせ酢で
和える。
                 (MS)
DSC02558.JPG

posted by 島の旅社 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 畑の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

芋の茎と塩昆布

芋の茎もいろいろな調理法があります。
火を通さない食べ方もいろいろあって
今日はその中の一つを紹介します。

レストラン芋の茎はポキポキ3〜4センチ長さに折りながら
皮をむきます。しばらく水につけアクを抜きます。
ざるにあげ水気を切ったら、塩昆布とあえ、しんなり
したら食べごろです。(MS)

DSC02559.JPG
posted by 島の旅社 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

焼きピーマンとさい味噌

夏野菜の中でもピーマンは晩くまでとれます。
夏のお昼にはよくピーマンを素焼きします。
そして各家庭で作って常備している「さいみそ」
をつけて食べます。

これは買ってきたピーマンではしないと思います。
ほとんどの家が畑を作っていてピーマンが
たくさん採れるのでするおかずだと思います。
(MS)

DSC02549.JPG
posted by 島の旅社 at 13:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 畑の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

なすびと肉の炊いたの

なすびと肉を炊きました。
なすびは油との相性がいいですが、
油を使わずに炊いたものもおいしいですよ。

 @なすびは乱切りにして水につけておく。
 Aなべに水を入れ、アク抜きしたなすびと
  火にかける。沸騰してきたら牛肉のこま切れ
  も入れる。砂糖としょうゆで味付けする。(MS)

IMG_0131.JPG

ひらめき肉からだしが出る。

*今日は入れませんでしたが、こんにゃく(湯に
 くぐらせて一口大にちぎったもの)をいっしょに
 炊くと、肉の量をごまかせるexclamation&question
posted by 島の旅社 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

水餃子

今日はテレビで餃子作っているのを見て
迷ったのですが、うちも作りました。

迷ったと言うのは、どうせ作るなら皮から作りたい、
でもそうするとたいてい出来上がりが遅くなり、
家族を待たせることが多いので、ためらうのです。
(毎回皮から作るわけじゃありません。実際には
焼くだけのを買ってくることの方が多いです。)

しかし、やはり粉を練るところからするとおいしいん
です、皮も。水餃子なので皮も噛みしめて。

かき養殖で中国の研修生を受け入れているときに
彼女たちに作り方を教えてもらいました。

作り方
@薄力粉を水で練る。(国産の小麦粉がよい。)
A練ったものを棒状にして小口に切っていく。
B打ち粉をして断面から麺棒で丸く伸ばす。
C好きな具を包み、たっぷりの湯の中でゆでる。
D浮き上がって一呼吸おいたら玉じゃくしで
 すくってざるにあげる。
E熱いうちに、酢醤油をつけて食べる。

私も詳しい作り方は人に言えるほどは知らないのです。
(彼女たち中国語で説明してくれるので・・・)
ただ、具の組み合わせは書いて教えてくれました。
変わったのでは
むかっ(怒り)牛肉とピーマン、かきと大根、にらと炒りタマゴです。
白身の魚の身でも上手に具にしていました。(MS)


posted by 島の旅社 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(1) | あたらしい味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

冬瓜のそぼろあんかけ

冬瓜をもらったのでひき肉で
そぼろあんかけにしました。

とうがんの煮物って冬の大根の
煮物みたいですよね。透明になって
あめ色に煮汁がしみこんでグーグッド(上向き矢印)

作り方
@とうがんは厚めに皮をむいて1口大に切る。
Aなべにだし汁、とうがんを入れて火にかける。
 透きとおってきたら、みりん、うす口しょうゆを
 加え味をしみこませる。
C別のなべにだし汁を煮立て、鶏か豚のひき肉を入れ
 ほぐす。あくが出てきたらていねいにすくう。
 砂糖、しょうゆで調味し、水溶き片栗粉でとろみを
 つける。火を止める直前にしょうがの絞り汁を
 加える。
D器にとうがんを盛り、肉のあんをかける。(MS)

DSC02463.JPG

posted by 島の旅社 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

そうめん汁

朝のみそ汁、こどもたちは残すときもありますが、
これなら必ず食べて(?飲んで)くれるものの
一つが、この「そうめんのみそ汁」です。

レストラン1束くらいならわざわざ別にゆがかなくても
乾めんのままだし汁の中に入れてしまって
いいそうですよ。

今日は油揚げとわかめを入れましたが、この前、
えのきだけを入れたときもおいしかったです。

普段みそ汁を欠かさないお父さんは、そうめん汁は
2〜3杯おかわりしますどんっ(衝撃) (MS)

DSC02384.JPG
posted by 島の旅社 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

芋の茎と揚げのたいたの

芋の茎と油揚げを煮ました。サツマイモのつる
(芋の茎)はぬか漬けにしたり、炒めたり、
煮てもおいしいです。

DSC02344.JPG

桃取はしませんが、隣の答志ではからし漬けも
するそうです。  (MS)
posted by 島の旅社 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。