2007年08月23日

たこ飯

今日の夕飯は冷凍庫に小さいたこがあったのを
見つけたので、たこ飯を炊きました。わーい(嬉しい顔)

具はごぼうがうちにあったので入れました
が、入れないほうがおいしかったかもと
思いました。ごぼうのにおいがきつすぎたバッド(下向き矢印)
気がしましたので、作り方には載せません。(MS)

材料
米、生だこ、にんじん、油揚げ、しいたけ
しょうゆ、みりん、酒、だし汁

作りかた
@米は洗っておく。
Aたこは塩でもんで、洗い流し、ぶつぶつ切っておく。
(小さい子やお年寄りが詰まらさないような大きさで)
 にんじん、油揚げ、しいたけも切りそろえる。
B炊飯がまに米とだし汁を入れ、しょうゆ、みりん、
 酒を加えかき混ぜる。具も入れて炊く。

DSC02295.JPG

ひらめき たこからもだしがでるので生がよいが、
 手に入らなければゆでだこでもよい。
 その場合は、ご飯が炊きあがって蒸らす前に入れる。
posted by 島の旅社 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

さわらの刺身

昨夕は義姉がさわらの刺身をくれました。
だんなさんが今、さわら釣り漁に行っています。
さわらは照り焼きや西京焼きなど焼き物が
一般的ですが、島では新鮮そのもののさわらが
手に入るので刺身で食べられるのです。わーい(嬉しい顔)
ねっとり感があって、非常に旨みのある魚です。

私はあなごの簡単ちらし寿司を作りました。
が、それはまた今度載せます。(このごろいろいろ
いいものがもらえたり、手に入ったりするのですが、
いっぺんに載せてしまわずに一品ずつ紹介していこうと
思います。ですので、2〜3日前食べたものを紹介して
いる場合もあります。あしからず。
DSC02281.JPG
posted by 島の旅社 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

クロダイの塩焼き

お父さんが釣りのクロダイを20匹くらい
もらってきてくれました。
おおかたおすそ分けして、残り5〜6匹を家で食べました。
大きなのが3匹くらいあったので半身ずつ刺身にして
残りの半身と小さいのは塩焼きにしました。
クロダイは冬は脂がのっておいしいですが、
今の季節は塩焼きのほうがおいしいと思います。(MS)
DSC02258.JPG
posted by 島の旅社 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

穴子の丸炊き

底曳き漁の家で穴子をもらいました。
お父さんが好きな丸炊きを今年初めて炊きました。
これは作りかたとあらたまって書くほどのもので
ありません。

穴子の頭を切って、はらわたを抜き取り、
ぶつぶつと2〜3つに切り分けます。
塩をまぶし揉んで、ぬめりを洗い落とします。
なべに、酒、たまりしょうゆ、みりんを入れ
(甘めが好きな方は、ザラメも入れて)
沸騰したら、穴子を入れて、炊きます。
煮汁が煮詰まったら、できあがりです。
*穴子は長く煮ない方がいいので、中まで
 十分火が通ったら、一旦取り出し、汁だけ煮詰め、
 火を止める手前で戻すといいと思います。
                     (MS)
DSC02256.JPG
posted by 島の旅社 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

煮魚

先日、もうひとりの義姉(夫の妹)のお宅で
とれとれぴんぴんのアカウオとべラ、それにマンザイべラを
たくさんいただきましたわーい(嬉しい顔)
その日の午後まで海で泳いでいた魚なので、鮮度は抜群exclamation×2
海のものは生臭いというイメージを持っている方も見えるかと
思いますが、島の魚はほんとにおいしいんですよ〜♪

ひらめきアカウオ
IMG_2214.JPG

ひらめきべラ
IMG_2213.JPG

ひらめきマンザイベラ
IMG_2215.JPG

炊いたものです(盛り付ける時に少し身が崩れてしまいました)
IMG_2216.JPG

材料
魚(アカウオやべラなどなんでもOKです)
しょうゆ
ザラメ



作り方
@魚はうろこと内臓を取り、ざっと洗う。
Aしょうゆと、水と酒を合わせたものを1対1の割合で鍋に入れ、
 好みの量のザラメを加えて火にかける。
B沸騰したら@の魚を入れ、落し蓋をして魚に火が通るまで炊く。
※炊きたてに煮汁をからめるようにしてお召し上がりください。

(YH)
posted by 島の旅社 at 14:34| Comment(7) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

茹でアカニシのお刺身

今日は夫がアカニシという貝をたくさん採ってきましたわーい(嬉しい顔)
聞き慣れない名前の貝かもしれませんが、
下の画像がアカニシです。
IMG_2206.JPG

ひとつだけアップにするとこんなにきれいな貝です左斜め下
IMG_2212.JPG

そしてお刺身で〜すハートたち(複数ハート)
IMG_2218.JPG

材料
アカニシ

作り方
@アカニシは軽く洗い、塩少々を加えて茹でる。
A金串で身の部分を取り出す。
B尻尾の部分を除いて、貝肉をスライスする。
※わさび醤油で食べるとおいしいですハートたち(複数ハート)

(YH)
posted by 島の旅社 at 20:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

キスの干物

冬の間は養殖業をしていた家庭も
春と夏は刺し網漁に出たり、海士漁に出たり。
義姉のお宅では義姉と義兄が二人でキスの刺し網漁に
出ています。キスは一度網にかかると死んでしまうため、
小さいものは自家消費することになるのですが、
(あまり小さいと刺し網の目から抜け出すのでかかりません)
我が家でもよくおすそ分けにとれたてのものをいただくことが
あります。今回いただいたキスはなんときちんと開いて、
塩までしてくれてありました。
義姉さん、いつもありがとうハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

IMG_2151.JPG

材料
キス


作り方
@キスはウロコと頭と内臓を取り、二枚に開く。
A適量の塩をまぶし1時間放置する(夏は冷蔵庫に入れて下さい)。
B軽く水洗いしてよく水を切り、天日で干す。
※干し過ぎない方がおいしいです(画像はあぶったものです)。

(YH)
posted by 島の旅社 at 12:49| Comment(7) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

ミミタロウの干物

我が家では親戚の方がキス網漁をしているので、
キスやミミタロウをよくいただきますわーい(嬉しい顔)
ミミタロウをいうのは当地特有の方言で、
和名がヌメリゴチという魚のことを指しています。
以前、煮付けにしたものをこのブログでご紹介しましたが
今日ご紹介するのはミミタロウの干物。
朝ごはんやお弁当のおかずにも最適で〜すハートたち(複数ハート)

あぶった状態です左斜め下
IMG_2152.JPG

材料
ヌメリゴチ


作り方
@ヌメリゴチは背びれの尻尾側から頭のほうへ向けて薄く
 包丁をいれ、そのまま頭の付け根あたりで腹側に切り込みを
 いれ、頭を持って尻尾側にひいて、一気に皮をむく。
A皮をむいたヌメリゴチの尻尾を切る。
B全体に食塩をまぶし、1時間ほどおいて水洗いをする。
C天日干しして干物にする(乾きすぎないように)。
D軽くあぶってお召し上がりください。
※他にたて塩と言って、食塩水に魚を漬けて作る方法も
 ありますが慣れるまでは塩加減が難しいので
 食塩をまぶす方法のほうが失敗がないです。

(YH)
 
posted by 島の旅社 at 10:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

サバの竜田揚げ

親戚の方にサバをたくさんいただいたため、
一日目は煮魚にし、二日目は竜田揚げにしましたわーい(嬉しい顔)
いただいた時に全部卸しておいて、竜田揚げの分は
漬け汁を作り、翌日の夕方まで漬けておきました。
目先が変わって、サバが二日続いてもおいしく食べられまするんるん

IMG_2115.JPG

材料
サバ
しょう油
砂糖

しょうが(皮をむいておろしておく)

作り方
@サバは三枚に卸し、更に食べやすい大きさに切る。
Aしょう油、砂糖、酒、おろししょうがで漬け汁を作り
 サバを漬けておく。
BAに片栗粉をまぶし、中温の油でからっと揚げる。

(YH)


posted by 島の旅社 at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

アワビ&サザエ入りウニごはん

今日は中潮の最終日晴れ
明日からしばらく海女漁が禁漁になるので
今日はちょっと豪華にアワビとサザエを入れたウニごはんを
作ってみました。
ウニを身だけにするのが大変ですが、
炊飯器を開けるとふわーっと磯の香りが漂い、食欲倍増
間違いなしですわーい(嬉しい顔)
(お米も自家製、具も全て潜って採ってきたものです)

IMG_2114.JPG

材料
ウニ
サザエ
アワビ
お米
淡口しょうゆ


作り方
@ウニは包丁で半分に割り、スプーンで丁寧に身を出す。
 (身を崩さないように慎重に!)
A海水程度の濃さの食塩水を作り、笊に入れた@をふり洗いする。
 この時にオレンジ色の身の部分だけにする。
Bサザエは金づちで殻を割り、小さく刻む。
Cアワビも殻をはずし、Bと同様に小さく刻む。
Dお米を研いで淡口しょうゆをお米一合に対して大匙1加え、
 酒も適当に加えて、普通に水加減して炊く。
※ウニや貝類はたっぷり入れたほうが断然おいしいです。

(YH)
posted by 島の旅社 at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

タコとタイラギのチャーハン

今日はタイラギ貝とタコ、それにばーちゃんが丹精した
新玉ねぎでチャーハンを作りましたハートたち(複数ハート)
タコでチャーハンなんて、と思われそうですが
意外やこれが、歯ごたえがあっておいしいのですわーい(嬉しい顔)

IMG_2049.JPG

材料
タコ(茹でておく)
タイラギ貝
タマゴ
新玉ねぎ
ごはん
サラダ油
もしあればにんじんやパセリを入れると彩りがきれいです。

作り方
@中華鍋を充分に熱してサラダ油をひき、割りほぐしたタマゴを
 ふんわりと炒めていったん取り出す。
A新玉ねぎは皮をむいてみじん切り、タイラギ貝とタコも
 食べやすく刻んでおく。
B@の中華鍋を再び強火で熱し、強火のまま新玉ねぎと
 タイラギ貝、タコ、ごはんを入れてごはんがぱらぱらに
 なるまでしっかり炒め、炒りタマゴを戻す。
C塩コショウで味を調えて出来上がり。
※一度にたくさん作るとぱらぱらに仕上がりません。
 面倒でもふたり分位ずつ、強火でしっかり炒めて下さい。

(YH)
posted by 島の旅社 at 19:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

シーフードカレー

昨日の夕食の小イカとタイラギ貝の刺身が残ってしまったので
今夜はシーフードカレーを作りましたわーい(嬉しい顔)
イカやタイラギ貝は長く煮込むとおいしくなくなって
しまうため、野菜を充分煮込んでからルーを入れる直前に
いれて下さいね〜るんるん

IMG_2042.JPG

材料
タイラギ貝
小イカ
じゃがいも
にんじん
玉ねぎ
カレールー
コンソメ(顆粒状でも、キューブタイプでもどちらでもいいです)

作り方
@玉ねぎは皮をむき、ざく切りにする。
Aジャガイモとにんじんは皮をむいてさいの目に切る。
B@とAをサラダ油をひいた鍋でよくいため、水を加える。
CBにコンソメを入れて、弱火でじっくり煮込む。
D充分煮込んだら小イカとタイラギ貝を加え、ルーを入れて
 煮溶かす。
 
(YH)
posted by 島の旅社 at 18:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

えびとたまねぎの炒め物

今日の晩ご飯は家にあるもので済ませました。
ウタセえびの小さいのをこの前もらって日持ちが
いいようにゆでてあったので、殻をむいて、
薄切りにした玉ねぎと炒め、塩コショウで味付け
しました。結構おいしかったです。
最後に溶き卵をからめてもいいかもと思いました。
好みでしょうゆをかけて食べるとご飯が
すすむと思います。
DSC02009.JPG
posted by 島の旅社 at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

ウタセエビの塩茹で

今日は海老曳き漁をしている親戚の方に
ウタセエビをたくさん頂きましたハートたち(複数ハート)
大きい海老だったので、その一部を塩茹でにしましたハートたち(複数ハート)
マヨネーズやドレッシングをかけて食べると最高で〜するんるん

IMG_1934.JPG

材料
ウタセエビ


作り方
@エビはよく洗い、不純物(カニや雑魚)を取り除く。
A大きい鍋にお湯を沸かし、塩を加えてエビを茹でるだけで〜す。

(YH)
posted by 島の旅社 at 17:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

かきの変わり衣揚げ

えっ?かきってまだ食べられるの?と思われる人も
いるかもしれませんが、うちは今でも剥いて出荷しています。
さすがにカキフライも食べ飽きたので、下味を付けて、
その上に味付けした衣をつけて揚げてみました。
今の時期のカキは旨みが物足りないような気がします。
が、この仕方だとショウガやねぎの香りでおいしく
食べられます。

材料
カキのむきみ、ショウガ、酒、ねぎ、卵、油など

作り方
@カキは塩水でふり洗いする。
Aカキに酒とショウガの絞り汁で下味をつける。
B卵1個、酒大さじ2、しょう油大さじ半分、塩小さじ1
 青ねぎのみじん切り2〜3本分、小麦粉、片栗粉各30gを
 混ぜ合わせ衣を作る。
Cカキの水気を切り、キッチンペーパーなどで水気を
 ふき取り、Bの衣をつけて180℃に熱した油で揚げる。
*油がはねないように、カキの水気はよくふき取る。
カキフライより衣つけが簡単!
posted by 島の旅社 at 20:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

ミミタロウの煮付け

ヌメリゴチという魚をご存知でしょうか?
この魚を桃取ではミミタロウと呼んでいますわーい(嬉しい顔)
キス網によくかかってくる体長12、3センチほどの魚で
体表がぬるぬるしており、漁網から外すのも、出刃で捌くのも
ほかの魚に較べると難しいのですが、淡白で味が良く
市場には出回りませんが漁師さんたちの人気者でするんるん

IMG_1861.JPG

材料
ミミタロウ
しょう油
砂糖(ザラメがよい)


作り方
@ミミタロウは背びれの後ろから頭のほうへ薄く刃を入れ
 頭の手前で下に垂直に刃を下ろし(皮を切らないように)、
 頭を身側へ引っ張るようにして皮をむく。
A調味料と水を煮立て、ミミタロウを入れて、こっくりと
 炊くだけです。

(YH)
posted by 島の旅社 at 16:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

いわしのチーズ焼き

最近うちは煮魚続きでした。グッド(上向き矢印)
おとといはもらいものでメバルの煮付け。黒ハート
昨日はお父さんが釣ったあいなめの煮付け。黒ハート
どちらもおいしかったー。アー満足exclamation満腹exclamation×2
今日は青魚でいわしのチーズ焼きにしてみました。
作り方は簡単。
1まず、いわしの頭とはらわたをちぎり、手開きして中骨をはずします。
2きれいに洗って、水気をふき取り、塩コショウします。
3小麦粉を両面にまぶし、熱して薄く油を引いたフライパンで焼きます。このとき(普通は皮面から焼きますが)、
身のほうから焼いて裏返したら、溶けるチーズをのせて
裏もしっかり焼いたらできあがりです。(MS)
2007N0405_DSC01941.JPG
posted by 島の旅社 at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

えびとあおさのかき揚げ

今日はえび曳きのうちでえびをたくさんもらいました。
大きめのは塩茹でにしてビールおとうさんのビールのつまみに
小さいのは頭としっぽをちぎって、久しぶりにかき揚げに
しました。あさり堀りで摘んできた青さも入れてみました。
おとうさんが青さの香りがいいと言ってくれました。わーい(嬉しい顔)
                      (MS)
材料
えび
玉ねぎ
にんじん
青さ
ほうれん草(さやえんどうでも、ピーマンでも)
小麦粉、重曹、水

作り方
@えびは頭としっぽを取り除く。
A玉ねぎは薄切り、にんじんはせん切りにする。
 青みの野菜も刻んでおく。
Bボールに小麦粉、重曹(さっくり揚がる)ひらめき、水
 (卵を入れてもおいしい)をさっと混ぜる。
 衣は、かき揚げなので固めにする。
Cえびや野菜、青さを加えて(青さは生でも
 乾燥でも)油で揚げる。



posted by 島の旅社 at 22:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

ナマコの湯通し

ナマコは今が旬ですひらめき
親戚の方にナマコをいただいたので、
今日は湯通しにしていただきました。
生で食べるより少しやわらかくなるため、
歯の悪い方やお年寄りにも食べやすい調理法で〜すハートたち(複数ハート)

IMG_1205.JPG

材料
ナマコ
海苔 
しょうゆ

作り方
@ナマコは両端を少しずつ切り落とし、コノワタを抜く。
A@を輪切りにして、熱湯をさっと通す。
B海苔をさっとあぶってもみ海苔にし、たっぷりかける。
Cしょうゆをかけてお召し上がりください。
※コノワタには砂が詰まっているので、丁寧に指でしごきだし
 さっと洗って、軽く塩を振ってお召し上がりください。
posted by 島の旅社 at 18:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

タイラギガイの刺身

今日は伊良湖の市場がお休みなので、
タイラギ漁をしている夫が「割れ貝」を持ち帰りましたわーい(嬉しい顔)
もちろん今夜のメインディッシュはタイラギのお刺身です。
新鮮なタイラギの貝柱は、ほんのり甘くて、
とっても美味でしたハートたち(複数ハート)

IMG_0198.JPG

材料
タイラギガイ

作り方
タイラギガイの貝柱を貝から外し
(殻の部分をナイフ代わりに使うと外しやすいです)
食べやすく切るだけでするんるん

(YH)
posted by 島の旅社 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。