2009年02月03日

恵方巻き

豆まき&恵方巻きというのが最近の定番ですね。
でも島の節分は今日の「島旅日記」にアップしたのが基本。
関西の風習である恵方巻きまでは定着化していません。

今が繁忙期の島の3大養殖業、
海苔やワカメ、牡蠣の仕事に一日中
追われている私たちスタップが
買い物も行けないし、
巻き寿司も作れない〜と言ってたら
「恵方巻き作ったよ〜」と
今年獲れたばかりの新海苔をプレゼントした
知り合いから写メールが届きました。
DSCF0044.JPG
7種類何が巻いてあるんでしょ?

海苔の味が濃くて薫りもよく、
太巻きをしても海苔が破れないほど厚みがあって
おいしかった〜、という
嬉しいコメントつきでした。


posted by 島の旅社 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

茶碗蒸し

今日は昨日に続き、風の強い寒い日でした。
ので、少しだけあったかきの撥ねで茶碗蒸しに
しようと思いました。

材料
かき、鶏肉、豆腐、焼き麩、はんぺん、
にんじん、しめじ、卵、だし汁、しょうゆ
みりん

作り方
@まず、かつおだしをとります。
 しょうゆ、みりん、塩で調味して、冷ましておく。
Aかきをさっとゆでる。麩を水でもどす。
 その他の材料を切っておく。
B卵をわりほぐし、@のだしとよく混ぜ、
 こし器でこすとよい。
C具を茶碗蒸しの器にいれ、Bの卵液を八分目
 くらいまで注ぐ。
D沸騰した蒸し器の中に入れ、15分くらい蒸せば
 出来上がり。
posted by 島の旅社 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

あらめ巻き

この前晩のおかずの献立に迷っていたら
同じく買い物していたおばさんが
「さんま買うて、あらめ巻きしよ。」と
言うので、「それじゃ真似させてもらお。」と
いってうちもさんまを買いました。
さんまは旬で安いし、とても脂がのっていて
出来合いのよりおいしかったです。

DSC02782.JPG

”あらめ”という海草はご存知ですか。
真っ黒くて平たい海草です。
同じ答志島でも桃取では採れません。
桃取のおじい曰く、あらめは朝日の昇る方で
採れる。島でも東に位置する答志で採れます。
posted by 島の旅社 at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

かきの吸い物

今日は寿司をとったので吸い物だけ作りました。
具はかきと卵、たまねぎ、えのきだけです。

だしは特にとらなくて、かきからいいだしが
出ます。桃取の人はたぶんあさり汁のときも
あさりからでる旨味だけで、特にはだしをとらないと
思います。

DSC02752.JPG
posted by 島の旅社 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

あじのたたき

夫婦で一本釣りをされている漁師さんに
大きなアジをもらいました。
ねぎとたたきにするとおいしいと
教わったのでそうしてみました。
なるほど骨抜きもしませんでしたが、
気になりませんでした。とてもおいしかったです。

たくさんいただいたので翌日も作りました。
画像は二日目の分で白ねぎでしてあります。
一日目は青ねぎでしょうがも入れてしました。

DSC02726.JPG

お父さんはさしみだまりをかけていました。
私はポン酢をかけて、息子は大根おろしも加えたり
いろいろ味わってみました。
posted by 島の旅社 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

ひじきサラダ

昨日の夕飯はこの前もらったひじきをサラダに
しました。とても簡単です。

材料
ひじき(乾燥なら戻してさっとゆでる)
たまねぎ、ツナ缶、ポン酢

作り方
ひじきは長いものは切っておく。
たまねぎは薄く切り、水にさらす。
ひじき、水気を切ったたまねぎ、油を除いた
ツナをポン酢で和えるだけ。
味を見て好みで、塩こしょうやマヨネーズを
足しても。

DSC02720.JPG
posted by 島の旅社 at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

ひじき飯

昨日の夕方、偶然にも2軒のお宅から
「今日はひじきをたいたもんで。」といって
ほかほか炊きたてのひじきをもらいました。

今日は中学生2人がお弁当(2年生は職業体験、
1年生は神島へ校外学習だそうです。)なので
おかずが少なくてすむように「そうだ。ひじきご飯を
炊こうと思って、ゆうべ材料を刻んでおきました。
今日はもち米も混ぜてみました。

DSC02717.JPG
posted by 島の旅社 at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

かきしゃぶ

うちはかきやで、出荷する日は毎日
「撥ね」ができます。身がよくなかったり、
小さすぎたり、剥きを失敗したのをいいます。
それは親戚や知り合いにもらってもらいます。
が、量が半端だったりするとうちでも食べます。

カキフライが一番おいしいと思いますが、仕事を
終えてうちに帰ると、今は日が短いので真っ暗です。
それからパン粉などつけたりしてると遅いので、
作り手は敬遠しがちです。

早くできるものひらめき、かきを洗って10粒くらいずつ
沸騰した湯の中に入れるだけ。浮いてきたらすくい上げて、
器に入れて缶ビール(発泡酒?)を飲んでいるお父さんに渡す。
小皿にポン酢も入れて渡す。また次のかきも湯に入れる。
この間、大根をおろす。浮いてきたらまたすくう。
大根おろしをポン酢の小皿に放り込む。
この様子はあまり人には見せられません。えらくあわてて
している作業です。

お父さんは「かきしゃぶ」と呼んで、こうすると
たくさんかきが食べられて飽きもこないんじゃないか。
と生産者の立場で言っています。わーい(嬉しい顔)

これだけではメインのおかずにはなりませんが、
他の材料とともに卓上でしゃぶしゃぶにすれば
これからの寒い時期、温まる食卓になるのでは・・・

                   (MS)
posted by 島の旅社 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

かきめし

カキを出荷するようになって1週間余りたちました。
今年は去年に比べると身がよいです。
ただ、剥いているとときどき失敗したり、
身の悪いカキがあってそんなカキは出荷せずに
撥ねておきます。撥ねたカキは家で食べたり、
人に配ったりします。
この前、家でカキご飯を炊きました。
具はにんじん、油揚げ、干ししいたけ、ごぼう
を入れました。
DSC02670.JPG
posted by 島の旅社 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

はものさつま揚げ風

えび曳きの家で大きなはもをもらいました。
はもは骨が気になるなと思っていたら、
ミンチ状にして野菜を混ぜて揚げるとおいしいと
教えてもらいました。自分なりに作ってみました。

材料
はも(おいしい魚の身なら何でもいいでしょう。)
豆腐(私は入れてみました。)
ごぼう、にんじん、塩、みりん

作り方
@はもは開いて皮をはぎ、身を細かく切って
 出刃でたたく。すり鉢でつぶす。
 (ミンチにする機械があれば簡単ですね。)
Aごぼうはささがき、にんじんは千切りにする。
Bはもと野菜、水気を切った豆腐を混ぜる。
 まとまらなかったら、つなぎに片栗粉を入れる。
Cまるめてサラダ油で揚げる。
                (MS)

DSC02667.JPG
posted by 島の旅社 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

いなだの煮付け

昨日はいなだをもらいました。
本当は刺身でいただくとよかったのですが、
午後いろいろ用事ができて、ささっと
作れる煮付けにしてしまいました。

DSC02664.JPG


いなだは刺身、照り焼きなどおいしい魚です。
三本とも全部煮てしまったので
余りました。今日の昼、また食べられます。
posted by 島の旅社 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

たいら貝の焼いたの

昨日は運動会でくたくたに疲れて
夕飯はレトルトカレーと
朝お父さんが買っておいてくれた
ごずの煮魚でした。

今日はこの前タイラギを焼いたので
それを紹介します。

タイラギの貝柱は分厚いので2〜3枚に
削いで魚を焼く網で焼くだけです。
タイラギはとても味の濃い、噛むのが
ちょっとたいへんな貝柱です。

DSC02612.JPG

posted by 島の旅社 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

しゃこえびの塩ゆで

えび曳きの家でしゃこをもらうと
朝のうちにゆがきます。
大きななべにたっぷり湯を沸かして
しゃこを入れるとさっと色が変わります。
塩だけでゆでるときもありますし、
少々の砂糖と、うす口しょうゆで
薄味をつけるときもあります。

子どもたちが学校に行っていると
お父さんがほとんど食べてしまい、
子どもらの分が残りません。

お父さんはボウルに殻を山盛っています。
               (MS)
しゃこえび.JPG
posted by 島の旅社 at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

ごずの炊いたの

今日はごず(ごんずい)をばあちゃんが
買っておいてくれて、この秋一番の
ごずをよばれました。(いただきました。)

桃取ではごんずいはごちそうです。
煮魚の王様です。むかっ(怒り)
中には嫌いな人もいるとは思いますが、
見た目の美しさの一番がマダイとすれば、
煮魚にするならごず、
塩焼きならサンマ、
刺身では(うちでは寒ボラですが)
他の家では何でしょう。

ま、今日のごずはまだ少し小さかったですが、
秋はこれからです。まだまだごずも大きくなり、
食べる楽しみがまた増えます。 (MS)

DSC02598.JPG
posted by 島の旅社 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

小カレイの炊いたの

えび曳きの家で小カレイをたくさん
もらいました。
から揚げにすると側はぱりぱりと
身はやわらかく、ポン酢で食べたら
最高ですが、この日は煮魚にしました。

小さいけど味が旨みというか濃いです。
何匹でも食べられました。

ごぼうもいっしょに炊くとまたにおいが
いいです。
(MS)
DSC02596.JPG
posted by 島の旅社 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

干物(キス、カマス、ミミタロウ)

えび曳きのうちで「じゃっこ」(小魚)を
もらいました。主には小さいカレイでした
が、干物によい魚も入っていたので
してみました。

お父さんのビールのつまみによさそうです。ビール

どの魚も旨みが凝縮されているって感じで
いくらでも食べられそうです。
                  (MS)

DSC02595.JPG
posted by 島の旅社 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

あなご丼

この間作ったあなご丼を紹介します。
桃取の穴子は仲買さんの間でも人気があり、
高値で取引されると聞いています。

そんな穴子を白焼きしてたれをつけて
また焼きました。

あなご白焼き.JPG

あなごの蒲焼.JPG

レストラン穴子は開いて皮のぬめりを取るために塩でもみます。
洗ったら、よく熱した網で焼きます。たれ(たまり醤油、ざらめ
酒、みりんを煮詰めておいたもの)をつけてまたさっとあぶります。
ごはんにたれを少し混ぜて、丼によそったら穴子をのせます。(MS)

あなご丼.JPG
                           
posted by 島の旅社 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

べらの煮付け

今日は息子が珍しく釣りに行きたいといって、
お父さんに連れていってもらったみたいで、
べらときすを釣ってきてくれました。

きすは開いて塩をしておいたので
明日の朝か昼に焼いて食べることにして、
べらは新しいうちに煮付けにしました。

新しくて身がはぜて、とてもおいしかったです。
自称煮魚嫌いなお父さんもお代わりしました。(MS)

DSC02322.JPG
posted by 島の旅社 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

いわしの酢漬け

2〜3日前にさわらの刺身を紹介しました。
さわら釣りの漁師さんはえさにいわしを買います。
新鮮ないわしは、もちろん私らも食べてOKです。

そんないわしをもらいました。
塩がしてあったので、甘酢に漬けるだけでした。
身取りといって、食べやすいためと味が浸みやすいように
中骨もとりました。

レストラン酢と砂糖、おろしたしょうがをまぜて浸けました。
半日くらいおいて食べました。 (MS)

いわしの酢漬け.JPG










posted by 島の旅社 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

エイの煮魚

今日は変わった煮魚を紹介します。
エイです。私は元の見た目でよう食べませんが、
お父さんは大好きで、子どもも骨の心配が
なく、身もおいしいといいます。確かにおいしそう
です。目

料理する前の写真もありますが、みなさん、
見たいですか。ひらめき見たい方、言ってください手(パー)
今度、切る前の画像を入れておきます。

私らは、エイのことを「えごた」と呼びます。

鳥羽の中ではみそ煮するところもあると
聞きましたが、私の知る限り、桃取では
しょうゆ煮です。レストランしょうゆと酒、少々の砂糖で
煮ます。


DSC02289.JPG
posted by 島の旅社 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。