2008年08月04日

アワビソテー

答志島では海女(士)漁の期間が決まっています。島の各集落で少しずつ違うのですが、和具地区では夏場、大潮の7日間だけが解禁日です。
海女(士)さん達は獲り過ぎないように日数や服装を決めて漁に出ています。

今日は傷がついて市場に出せなかったアワビをバターで炒めてみました。

アワビソテー.JPG
posted by 島の旅社 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

サザエカレー

答志島では夏は“あま漁”が盛んです。素潜りでウニやアワビを獲る漁法ですが、同じ“あまさん”でも女の人が潜る事を漢字で“海女(あま)”と書き、男の人が潜る事を“海士(あま)”と書きます。
我が家の“海士さん”がサザエを獲ってきたので今日はサザエカレーにしてみました。

サザエカレー.JPG


コリコリしたサザエの歯ごたえが楽しめる一品です。
posted by 島の旅社 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

エビ丼

我が家の義兄はエビ曳(ひ)き漁に出ています。“うたせえび"と言う種類のエビを獲ってくるのですが、今日はそれを頂いたので丼にしてみました。


エビ丼.JPG

【作り方】

@玉ねぎを薄く切る
Aうたせえびの殻をむく
B醤油、みりん、酒、砂糖でだし汁を作る
C@、A、Bを併せて炊く。
Dとき卵を入れ、しばらく炊く
Eごはんの上にDをかけ、お好みに合わせて千切りにしたのりをのせる。

“うたせえび”は丼の他、かき揚げにしたり、から揚げにしたりして食べてもとっても美味しいですよ!(笑)
posted by 島の旅社 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

あんみつ

梅雨入り前だというのに、真夏のような暑さが続きます晴れ
食卓の一品に冷麦や冷やっこの登場する日が増えてきました。
暑い日には何か一品、冷たいものを出すと喜ばれるので
昨日はあんみつを作ってみました揺れるハート
子どももばーちゃんも喜ぶので、本土に出た時には
フルーツ缶や粒あんをつい買いだめしてしまいまするんるん

IMG_2140.JPG

材料
トコロテン(我が家は自家製のものを使います)
フルーツ缶
粒あん(これも缶詰)

作り方
@トコロテンはさいの目切り、フルーツ缶も小さく切って器に盛る。
Aつぶあんをのせて出来上がり。
※我が家では子どもたちが作ってくれることも多いですハートたち(複数ハート)

(YH)
posted by 島の旅社 at 10:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

筑前煮

今日はお向かいのお宅でタケノコをいただいたので
筑前煮を作りましたわーい(嬉しい顔)
タケノコは早く茹でないとすぐにかたくなる、と
聞いたことがあるので、いつもいただいたら直ちに
茹でるようにしています。
今年初めてのタケノコは、柔らかくてとっても
おいしかったで〜すハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

IMG_1850.JPG

材料
タケノコ
にんじん
乾シイタケ
鶏肉
ちくわ
こんにゃく
ごぼう
だし汁
砂糖
醤油


作り方
@タケノコは皮をはいで、お米のとぎ汁で柔らかくなるまで
 茹で、食べやすく切る。
Aにんじんは皮をむいてタケノコと同じ位の大きさの
 角切りにする。
B乾シイタケは水で戻し、他の野菜と同じ位の大きさに切る。
 (戻し汁はあとで使うので捨てないで残しておく)
C鶏肉は他の材料よりほんの少し大きめの角切りにし、
 酒と醤油で下味をつけておく。
Dちくわは鶏肉と同じ位の長さに輪切りにする。
Eこんにゃくはフォークでたくさん穴を開け、野菜と
 同じ位の大きさの角切りにして、水から下茹でする。
Fごぼうはごく薄く包丁で皮をそぎ、他の野菜と同じ位の
 大きさに切って、下茹でする。
G以上の下ごしらえが出来たら、サラダオイルを入れて
 熱した鍋で材料を炒め、だし汁とシイタケの戻し汁を
 加えて煮込む。
H初めは薄味にして煮込み、汁気がほぼなくなってから
 味を見て調味料を補ってください。

(YH)
posted by 島の旅社 at 20:12| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

スガイの塩茹で

先日、娘とふたりでスガイをどっさり採ってきたので、
海に活かしておき、食べたい時に一回分ずつ持ち帰って
塩茹でにしていますわーい(嬉しい顔)
私が子どもの頃は、おばあちゃんがよくむき身にして
わけぎと一緒にぬたにしてくれたものですが、
我が家の子どもたちは爪楊枝でむきながら
食べるほうが喜ぶので、うちでは簡単に塩茹でばかりです揺れるハート

IMG_1805.JPG

材料
スガイ


作り方
@鍋に塩水を作り、軽く洗ったスガイをいれて火にかけます。
Aしばらく茹でてたらひとつ取り出して身をむいてみて
 きれいにしっぽまで出てきたら、火が通っています。
※酢味噌で食べると一段とおいしいです。

(YH)
posted by 島の旅社 at 15:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

玉ねぎたっぷりカツ丼

今日は家族のリクエストに応えてカツ丼を作りました揺れるハート
今、我が家には採りたての新玉ねぎがどっさりあるので
必然的に玉ねぎたっぷりカツ丼にわーい(嬉しい顔)
日頃、煮物に入った玉ねぎを嫌がる末っ子も
「うまいexclamation×2」と言って残さず食べていました揺れるハート

IMG_1806.JPG

材料
ぶた肉(とんかつ用)
塩コショウ
小麦粉
タマゴ
パン粉
新玉ねぎ
揚げ油
だし汁
砂糖
しょうゆ

作り方
@ぶた肉は筋を切り、塩コショウする。
A小麦粉、タマゴ、パン粉の順でころもをつけ、
 熱した油でカラっと揚げる。
Bだし汁でたっぷりの玉ねぎをやわらかく煮、砂糖と
 しょうゆで味を調える。
CBが熱いうちに、揚げたてのとんかつを食べやすく切って
 加え、すぐに溶きタマゴを流し込んで、半熟のうちに
 火を止め、器に移す。
※とんかつを入れてからはあまり煮ないほうがおいしいです。

(YH)




posted by 島の旅社 at 20:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

新玉ねぎの玉子とじスープ

ばあちゃんが新玉ねぎをたくさん収穫してきて
くれたので、今日は具沢山のスープを作りましたわーい(嬉しい顔)
玉ねぎから甘みが出るのと、玉子が入っているのとで
子どもたちにも大人気のスープですハートたち(複数ハート)

IMG_1777.JPG

材料
新玉ねぎ
豆腐
エノキダケ
玉子
コンソメ

作り方
@玉ねぎは四つ割にしてから薄く切る。
A豆腐はさいの目切りにしておく。
Bエノキダケは石づきをとって長さを二等分する。
C玉子は割りほぐしておく。
Dお湯を沸騰させ、玉ねぎをやわらかく煮込み、
 エノキダケと豆腐と加えてひと煮立ちさせる。
EDをコンソメで調味して、玉子を菜ばしに伝わらせる
 ようにして少しずつ加える。
※玉子を加える時に混ぜると、スープが濁ってしまうため、
 玉子に火が通るまで混ぜないで下さい。
posted by 島の旅社 at 16:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

牡蠣の生姜煮

牡蠣をたくさんいただいたので、生姜煮を
作りましたわーい(嬉しい顔)
佃煮ほど長く炊きませんが、ごはんのおかずは勿論、
ちょっとした箸休めにも最適な一品です揺れるハート

IMG_1676.JPG

材料
牡蠣
砂糖

しょう油
しょうが(皮をむき、すりおろしておく)

作り方
@牡蠣は塩水の中でよく振り洗いする。
A@を大きな鍋に入れ、火にかける。
B水分が沢山出てくるので、そのうち半分ほど捨てる。
C砂糖、酒、しょう油、しょうがを加える。
D弱火で煮詰め、水分がほとんどなくなったら出来上がりです。
posted by 島の旅社 at 08:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

あさり汁

あさり堀りに行ってきたので、あさり汁を
作りましたわーい(嬉しい顔)
おいしく作るコツはなんといっても砂をきちんと
吐かしておくことですひらめき
我が家は海が近いのでバケツに海水を汲んできて
砂出しをしましたが、離れている場合は
掘った場所の海水をペットボトル等に入れて
持ち帰るとうまくいきます。
にょろーんと水管を出してきたあさりは、水を吹いて
あたり一面水びたしにするため
室外に置くなどして、ご注意くださいねハートたち(複数ハート)

IMG_1596.JPG

材料
あさり
赤味噌

作り方
@あさりは充分に砂を吐かせ、殻をこすり合わせるようにしてよく 洗う。
A鍋に水とあさりを入れ、火にかける。
B水が沸騰してあさりが開いたら味噌を溶き、火を消す。
posted by 島の旅社 at 13:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

めかぶ汁

ワカメ養殖が、今、最盛期です晴れ
皆さんはめかぶ(めひびともいいます)という、
ワカメの根っこ近くにあるひだひだのところを
ご存知でしょうか?
今日、ご紹介するのはこのめかぶのお味噌汁です。
とろとろねばねばして、海のとろろごはんに最適で〜すわーい(嬉しい顔)

生のめかぶバッド(下向き矢印)
IMG_1538.JPG

刻んだものバッド(下向き矢印)
IMG_1542.JPG

めかぶ汁バッド(下向き矢印)
IMG_1551.JPG

材料
やや濃いめに炊いたお味噌汁(具は入れない)
めかぶ(生)

作り方
@めかぶは水洗いし、端のほうから丁寧に千切りにする。
Aお椀に好みの量のめかぶを入れ、熱々のお味噌汁を
 注ぐ。
B手早くかき混ぜると、茶色だっためかぶが、ぱあっと
 鮮やかグリーンに変わり、とろとろねばねばになります。
CあたたかいごはんにBをたっぷりかけてお召し上がり
 下さい。

posted by 島の旅社 at 20:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

新わかめのお味噌汁

今年も新わかめの季節になりましたわーい(嬉しい顔)
まだ少し短いくらいのわかめが、今、柔らかくて
とってもおいしいのですぴかぴか(新しい)
今日はオーソドックスにお味噌汁に入れてみました。
これさえあれば、他になーんにもいらないと思う味です。
やっぱり旬のものはひと味違いますねハートたち(複数ハート)

IMG_1467.JPG

材料
新わかめ
豆腐(木綿ごしがいいです)
ネギ
煮干
味噌

作り方
@朝食用なら前夜、夕食用なら当日の朝に、
 頭と腹ワタをとった煮干を鍋の水に漬けておく。
 (夏は冷蔵庫に入れてください)
A@の煮干を取り出して火にかけ、沸騰させる。
B洗って刻んだ新わかめとさいの目に切った豆腐を
 加え、再び沸騰したら味噌を溶かす。
C小口切りにしたネギを散らして出来上がり。
※だしは煮干でも昆布でもかつお節でもOKです。
posted by 島の旅社 at 18:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

巻き寿司

今日は節分。
娘と一緒に巻き寿司を作りましたわーい(嬉しい顔)
家族の人数分は長いまま「恵方巻き」にして
残りは食べやすく切ってお皿に盛りました。
使用した海苔は我が夫が丹精した自家製のもので〜すハートたち(複数ハート)

IMG_1362.JPG

材料
炊きたてごはん
酢 
砂糖

厚焼き卵
かにかまぼこ
きゅうり
ツナ缶
お魚ソーセージ
マヨネーズ
海苔

作り方
@酢・砂糖・塩を小鍋に入れて温め、砂糖と塩を酢に溶かす。
A厚焼き卵、かにかまぼこ、きゅうり、お魚ソーセージは
 長細く切っておく。
Bツナ缶は油を切り、マヨネーズと塩、それぞれ少量で合える。
C海苔は丁寧にあぶっておく。
D炊きたてごはんに@を混ぜ、扇ぎながら冷ます。
E巻き簾に海苔を置き、向こう側五分の一を残して、Dの寿司飯を
 薄く広げる。
FEの寿司飯の中心部に横一列に具を3、4種並べる。
G手前からたるまないように気をつけて、きっちり巻く。
※いろいろな具を入れてバリエーションを楽しんで下さいね!
posted by 島の旅社 at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

伊勢うどん

三重県在住の人には大変馴染みのあるうどんです揺れるハート
太くてまったりとした麺に、真っ黒けのたれを
絡めて食べまするんるん    具はシンプルに、
ねぎと赤板(赤かまぼこ)だけのケースが多いのですが、
今日は彩りに茹でタマゴも入れてみましたわーい(嬉しい顔)

IMG_1101.JPG

材料
伊勢うどんの玉(市販品)
伊勢うどんのたれ(市販品)
赤板(赤かまぼこ)
茹でタマゴ
ねぎ

作り方
@具の下ごしらえをしておく。
A大きめの鍋にお湯を沸騰させ、伊勢うどんの玉をゆがく。
Bどんぶりに盛って、具を散らして出来上がり♪
posted by 島の旅社 at 18:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

キムチ煮込み

寒い日には温かい鍋物に限りますわーい(嬉しい顔)
今日はなんと上の娘がキムチ煮込みを作ってくれましたるんるん
ムスメよ、ありがとうね〜〜〜ハートたち(複数ハート)

IMG_1076.JPG

材料
キムチ鍋のもと
鳥ダンゴ
白滝
白菜(ねぎやにんじんもあれば入れる)
焼き豆腐

作り方
@白滝は食べやすく2、3等分に切り、水から茹でて笊にとる。
A白菜と焼き豆腐も食べやすく切る。
Bキムチ鍋のもとを沸騰させ、具を入れて煮込む。
posted by 島の旅社 at 19:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

厚揚げと大根の煮物

寒い日にはやっぱり温かいものが食べたくなりますね。
今日、ご紹介するのはだしを濃い目にとった煮物です。
なんだかほっとする味で、心も体もあたたまりま〜すハートたち(複数ハート)

IMG_0960.JPG

材料
大根
厚揚げ
煮干
砂糖 
しょうゆ
みりん

作り方
@たっぷりの煮干は頭と腹わたをとり、約10時間水に漬けて
 から漉す。
A大根は皮をむいて厚めに切り、下茹でしておく。
B厚揚げは食べやすい大きさに切る。
C@のだし汁の中に下茹でした大根と厚揚げを入れ、砂糖、
 しょうゆ、みりん で味を調える。
D弱火で加熱し、厚揚げと大根にしっかり味がしみこんだら
 出来上がりです。
posted by 島の旅社 at 11:20| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

アジの南蛮漬け

アジをどっさりいただいたので南蛮漬けを作りました。
早めに作って冷蔵しておくと、食べる頃には骨まで柔らか。
カルシウムもたっぷり摂れまするんるん

冷蔵庫で2、3日は保つので、多めに作っておくと重宝で〜す。

IMG_1022.JPG

材料
アジ
小麦粉
にんじん
たまねぎ
揚げ油
砂糖

しょうが
タカの爪

作り方
@にんじんは千切りに、玉ねぎは薄切りにして水にさらす。
Aアジは頭と内臓をとりのぞき、軽く水洗いする。
B砂糖と酢をあわせ、漬け汁を作っておく。
CAのアジの水を切って小麦粉をはたきつけ、
 中温の油でカラリと揚げる。
DCを@の野菜と一緒に漬け汁に漬ける。
E小口切りにしたタカの爪とおろししょうがを加える。
posted by 島の旅社 at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

シロメふりかけ

答志町の友人にシロメ(ちりめんじゃこ)を貰ったのに
冷凍庫に入れたまま、すっかり忘れていましたがく〜(落胆した顔)
早い目に食べなくては、味が落ちてしまいそう。
そこで慌てて、ふりかけにすることにしました。
シロメは大根おろし&かつお節で食べるのが最良ですが
なにしろ冷凍もんです。
けれど味をつけたら、意外なほどおいしいふりかけにハートたち(複数ハート)

ぜひお試しくださいねわーい(嬉しい顔)

IMG_0996.JPG

材料
シロメ(ちりめんじゃこ)
すりごま
砂糖
しょうゆ
一味とうがらし

作り方
@シロメはフライパンで、じっくりと乾煎りをする。
A@に砂糖としょうゆ、すりごまを加え、もう少し炒る。
B好みで一味とうがらしを加える。
※もともとかなりの塩分があるので、しょうゆは味をみながら
 慎重に加えてください。(かなり控えめにする必要があります)
posted by 島の旅社 at 13:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

牡蠣のお吸い物

桃取は知る人ぞ知る、おいしい牡蠣の産地ですわーい(嬉しい顔)
我が家でもあちこちで牡蠣をいただく機会が増えてきました。

今日ご紹介するのは牡蠣のお吸い物。
あまり加熱しすぎると身が縮んでしまうので
身がぷっくりふくらんだら、早めに火からおろして下さいるんるん

IMG_0994.JPG

材料
牡蠣(新鮮なもの)
白菜
豆腐
だし汁
淡口しょうゆ


作り方
@食塩水を作り、牡蠣をその中で振り洗いする。
A白菜は食べやすい幅に刻み、豆腐はさいのめに切る。
Bだし汁を沸騰させ、牡蠣とAを入れる。
C再度沸騰したら、淡口しょうゆと塩で味を調える。
※作りたて熱々をお召し上がりください。
posted by 島の旅社 at 13:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

大根サラダ

寒くなると大根がおいしくなりますわーい(嬉しい顔)
今日ご紹介するのは旬の大根をたっぷり使ったサラダです。
簡単手間いらずなので、ちょっと一品足りないかなという時に
ぜひ作ってみてくださいねるんるん

IMG_0953.JPG

材料
大根
ツナ缶
塩 
マヨネーズ

作り方
@大根は千切りにして塩少々をまぶし、しんなりさせる。
A@をさっと洗って絞り、ツナ缶を加えてマヨネーズで和える。
B味を見て、物足りないようだったら塩少々を補う。
※時間をおくと水っぽくなるので、作りたてを食べてくださいね!
posted by 島の旅社 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。