2007年04月30日

新玉ねぎと麩の味噌汁

朝の味噌汁の実は毎日のことなので考えるのが
たいへんですが、今朝は半分残ってころがっていた玉ねぎ
と常備している焼き麩で簡単に作りました。
麩やひろうず、高野豆腐など煮汁が浸み込んでいるものを
噛みしめたときって幸せを感じますよね。
旬のさやえんどうも散らしてみました。(MS)
DSC01989.JPG
posted by 島の旅社 at 09:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 畑の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

ひじきご飯

今日は春らしいいい天気でした。
暖かくなると(と言うか、食欲が湧くと)
無性に味ご飯と青魚が食べたくなります。
(しょっちゅうです。)今日はあり合わせで
炊きました。

材料
米、ひじき、にんじん、ごぼう(今日は入れてません)
干ししいたけ、ちくわ、鶏肉(今日は魚の刺身の残りで代用)
あと、こんにゃく、油揚げ、たけのこなど入れるとよい。

作り方はふつうの味ご飯と同じです。
わたしの味付けはしょう油とみりんだけです。
実はこの写真のご飯は味を見たら薄かったので
しょう油を足してもう一度炊きなおしました。
実際に食べたのは写真よりもうちょっと濃い色の
ご飯です。だしも特に入れなくても具から味が
出ておいしいです。(MS)
?.jpg
posted by 島の旅社 at 20:35| Comment(2) | TrackBack(1) | 海草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

かきの変わり衣揚げ

えっ?かきってまだ食べられるの?と思われる人も
いるかもしれませんが、うちは今でも剥いて出荷しています。
さすがにカキフライも食べ飽きたので、下味を付けて、
その上に味付けした衣をつけて揚げてみました。
今の時期のカキは旨みが物足りないような気がします。
が、この仕方だとショウガやねぎの香りでおいしく
食べられます。

材料
カキのむきみ、ショウガ、酒、ねぎ、卵、油など

作り方
@カキは塩水でふり洗いする。
Aカキに酒とショウガの絞り汁で下味をつける。
B卵1個、酒大さじ2、しょう油大さじ半分、塩小さじ1
 青ねぎのみじん切り2〜3本分、小麦粉、片栗粉各30gを
 混ぜ合わせ衣を作る。
Cカキの水気を切り、キッチンペーパーなどで水気を
 ふき取り、Bの衣をつけて180℃に熱した油で揚げる。
*油がはねないように、カキの水気はよくふき取る。
カキフライより衣つけが簡単!
posted by 島の旅社 at 20:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

ミミタロウの煮付け

ヌメリゴチという魚をご存知でしょうか?
この魚を桃取ではミミタロウと呼んでいますわーい(嬉しい顔)
キス網によくかかってくる体長12、3センチほどの魚で
体表がぬるぬるしており、漁網から外すのも、出刃で捌くのも
ほかの魚に較べると難しいのですが、淡白で味が良く
市場には出回りませんが漁師さんたちの人気者でするんるん

IMG_1861.JPG

材料
ミミタロウ
しょう油
砂糖(ザラメがよい)


作り方
@ミミタロウは背びれの後ろから頭のほうへ薄く刃を入れ
 頭の手前で下に垂直に刃を下ろし(皮を切らないように)、
 頭を身側へ引っ張るようにして皮をむく。
A調味料と水を煮立て、ミミタロウを入れて、こっくりと
 炊くだけです。

(YH)
posted by 島の旅社 at 16:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

筑前煮

今日はお向かいのお宅でタケノコをいただいたので
筑前煮を作りましたわーい(嬉しい顔)
タケノコは早く茹でないとすぐにかたくなる、と
聞いたことがあるので、いつもいただいたら直ちに
茹でるようにしています。
今年初めてのタケノコは、柔らかくてとっても
おいしかったで〜すハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

IMG_1850.JPG

材料
タケノコ
にんじん
乾シイタケ
鶏肉
ちくわ
こんにゃく
ごぼう
だし汁
砂糖
醤油


作り方
@タケノコは皮をはいで、お米のとぎ汁で柔らかくなるまで
 茹で、食べやすく切る。
Aにんじんは皮をむいてタケノコと同じ位の大きさの
 角切りにする。
B乾シイタケは水で戻し、他の野菜と同じ位の大きさに切る。
 (戻し汁はあとで使うので捨てないで残しておく)
C鶏肉は他の材料よりほんの少し大きめの角切りにし、
 酒と醤油で下味をつけておく。
Dちくわは鶏肉と同じ位の長さに輪切りにする。
Eこんにゃくはフォークでたくさん穴を開け、野菜と
 同じ位の大きさの角切りにして、水から下茹でする。
Fごぼうはごく薄く包丁で皮をそぎ、他の野菜と同じ位の
 大きさに切って、下茹でする。
G以上の下ごしらえが出来たら、サラダオイルを入れて
 熱した鍋で材料を炒め、だし汁とシイタケの戻し汁を
 加えて煮込む。
H初めは薄味にして煮込み、汁気がほぼなくなってから
 味を見て調味料を補ってください。

(YH)
posted by 島の旅社 at 20:12| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

よもぎだんご

明日、小一の娘が学校の生活の勉強でよもぎだんごを
作ります。その予習と親子のスキンシップを兼ねて
よもぎだんごをうちでも作ってみました。
あわてて作ったせいか、見栄えはよくありませんが、
こどもといっしょにこんなもんかなとか言いながら、
作り、時間を共有できたことが何よりよかったと思います。
みなさんも、半日あれば、よもぎ摘みからできると
思いますので、今度の休日にしてみてはいかがですか。
作り方
@よもぎの葉を摘む。茎は除く。2回ほど水で洗う。
A沸騰した湯にアク抜きのための炭酸(重曹)をいれ、
 よもぎをやわらかくなるまでゆでる。ざるに取り、
 水洗いする。
Bゆでたよもぎを手でしぼり、包丁で細かく刻む。
 最後はトントンとたたくように切る。(すり鉢ですっても)
Cボールに米の粉をいれ、沸騰した湯をいれ、はしで
 かき混ぜる。そのあと、手で(熱いのでナイロン手袋
 などはめるとよい)ざっと混ぜ、ちぎって蒸し器で
 食べられるやわらかさに蒸す。
D蒸し上がった米の粉はさましてからBのよもぎの葉と
 一緒に練りこむ。食べやすい大きさの丸や形に作り、
 もう一度蒸す。あんこをつけたり、包んだりして食べる。(MS)



posted by 島の旅社 at 22:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 山の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

スガイの塩茹で

先日、娘とふたりでスガイをどっさり採ってきたので、
海に活かしておき、食べたい時に一回分ずつ持ち帰って
塩茹でにしていますわーい(嬉しい顔)
私が子どもの頃は、おばあちゃんがよくむき身にして
わけぎと一緒にぬたにしてくれたものですが、
我が家の子どもたちは爪楊枝でむきながら
食べるほうが喜ぶので、うちでは簡単に塩茹でばかりです揺れるハート

IMG_1805.JPG

材料
スガイ


作り方
@鍋に塩水を作り、軽く洗ったスガイをいれて火にかけます。
Aしばらく茹でてたらひとつ取り出して身をむいてみて
 きれいにしっぽまで出てきたら、火が通っています。
※酢味噌で食べると一段とおいしいです。

(YH)
posted by 島の旅社 at 15:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

玉ねぎたっぷりカツ丼

今日は家族のリクエストに応えてカツ丼を作りました揺れるハート
今、我が家には採りたての新玉ねぎがどっさりあるので
必然的に玉ねぎたっぷりカツ丼にわーい(嬉しい顔)
日頃、煮物に入った玉ねぎを嫌がる末っ子も
「うまいexclamation×2」と言って残さず食べていました揺れるハート

IMG_1806.JPG

材料
ぶた肉(とんかつ用)
塩コショウ
小麦粉
タマゴ
パン粉
新玉ねぎ
揚げ油
だし汁
砂糖
しょうゆ

作り方
@ぶた肉は筋を切り、塩コショウする。
A小麦粉、タマゴ、パン粉の順でころもをつけ、
 熱した油でカラっと揚げる。
Bだし汁でたっぷりの玉ねぎをやわらかく煮、砂糖と
 しょうゆで味を調える。
CBが熱いうちに、揚げたてのとんかつを食べやすく切って
 加え、すぐに溶きタマゴを流し込んで、半熟のうちに
 火を止め、器に移す。
※とんかつを入れてからはあまり煮ないほうがおいしいです。

(YH)




posted by 島の旅社 at 20:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

いわしのチーズ焼き

最近うちは煮魚続きでした。グッド(上向き矢印)
おとといはもらいものでメバルの煮付け。黒ハート
昨日はお父さんが釣ったあいなめの煮付け。黒ハート
どちらもおいしかったー。アー満足exclamation満腹exclamation×2
今日は青魚でいわしのチーズ焼きにしてみました。
作り方は簡単。
1まず、いわしの頭とはらわたをちぎり、手開きして中骨をはずします。
2きれいに洗って、水気をふき取り、塩コショウします。
3小麦粉を両面にまぶし、熱して薄く油を引いたフライパンで焼きます。このとき(普通は皮面から焼きますが)、
身のほうから焼いて裏返したら、溶けるチーズをのせて
裏もしっかり焼いたらできあがりです。(MS)
2007N0405_DSC01941.JPG
posted by 島の旅社 at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 海の幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

新玉ねぎの玉子とじスープ

ばあちゃんが新玉ねぎをたくさん収穫してきて
くれたので、今日は具沢山のスープを作りましたわーい(嬉しい顔)
玉ねぎから甘みが出るのと、玉子が入っているのとで
子どもたちにも大人気のスープですハートたち(複数ハート)

IMG_1777.JPG

材料
新玉ねぎ
豆腐
エノキダケ
玉子
コンソメ

作り方
@玉ねぎは四つ割にしてから薄く切る。
A豆腐はさいの目切りにしておく。
Bエノキダケは石づきをとって長さを二等分する。
C玉子は割りほぐしておく。
Dお湯を沸騰させ、玉ねぎをやわらかく煮込み、
 エノキダケと豆腐と加えてひと煮立ちさせる。
EDをコンソメで調味して、玉子を菜ばしに伝わらせる
 ようにして少しずつ加える。
※玉子を加える時に混ぜると、スープが濁ってしまうため、
 玉子に火が通るまで混ぜないで下さい。
posted by 島の旅社 at 16:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。